NO MEMO

名もなき場所の、名もなき一冊のノート。
2020年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年07月
TOP雑記

自分でも上手く書くことが出来ないのに偉そうに語ってみるただの小説の書き方。
と言うか何と言うか、読み応えのある文章ってなんなのかなあ、と考えた結果みたいなの。
すっごい自論しかないので下げときます…。微妙に長いし酷い文章だしね!
あくまで書く方と読む方両方してる側からの意見ってことでひとつ。くだらないけどね(´∀`)

黒歴史確定なのでしにたくなったら消しませう。

■携帯小説
私的に許せない派。携帯から読む事が一切無いので押し付け論になってしまいますけど。
まず読み応えが無いのと台詞・改行が多すぎて説明文が少ない事。PCから読んでると非常に物足りない。

でもここ数日考えたら、携帯から読むと改行多い方がストレス無さそうな気がした。流石に多すぎるのはアレですけど。
私みたいに説明文多い文章が続くと携帯からだとすっごい読み辛いと思うし疲れると思うからなあ。
ある程度説明文とかあれば良いんですけど、やっぱり台詞ばっかり改行ばっかりだと許せないタイプです。
携帯サイトでもPC向けに書いてある文章は凄く好きなんですけどね。前に好きだったジャンルのサイトさんが携帯サイトでしたし。萌えたし。

■そんな訳で台詞と改行
台詞だけの文章とか、改行多めの文章は駄目かな、って思えてきた。
必要な時は良いんだけど、改行で許せるのは連続で多くて5行位。場面変わる時は2行プラス***とか使って更にプラス2行とか、そう言う改行の使い方だったら許せる。
私は台詞と説明文の間に一行空白入れてるけど、それも見ようによっては行数稼ぎなんだよなあ。自分的には見やすいようにしてるつもりなんだけど。
けど台詞と台詞の間に5行とか、説明文を一行書く毎に改行とか(↓こんなの)は最近行稼ぎしてる気がしてなんだかなあ、と思ってきた。

こんな風に説明を書くとして、あばばば。

一行空白にして説明文を書いたり、説明文自体が一行であったり(まあこれは仕方のない事もあるからまだ許せるけど…)。

これはちょっと書き方として子供っぽいなあと思ったり…。いや、人の書き方をとやかく言う資格なんて全くと言っていいほど無いんですけどね。一行空白なんかは行間あって読みやすいし(まあ一行空白にせずにスタイルシートで設定してやれば好みの行間出来るんですけど)。
こんな事言いつつ自分も昔はそんな書き方してたしなあ。今となっては泣きたくなるほどの黒歴史ですが。

で、台詞については多くても良いけど途中に説明文を入れた方が私的には読み応えあって好き。むしろ台詞少なめで説明文多めが好きです。
描写とかすっごい上手い人なんかは台詞が無くても惹かれる小説とか書かれているのでそんな人には憧れます、ふへへへ。

■・と語尾
よく無言の時に使う「・・・」、あれも多いと文字数稼ぎに思えて仕方ない。それだけ沈黙しているんだな、って言うのは分かるんだけど、それなら別に「・・・」じゃなくて、文字数取らない三点リーダ(…←これ)を使えばいいんじゃないかな、って使っている人に対して思うなあ。
でもそれも多用するのはあんまり好きじゃない。多くて2つか3つ、ベストはもちろん1つ。
あんまり使われるよりかは「…」こんな風に一つで収めといた方がすっきり見えるし。

あと語尾に☆とか♪を付けるのは良いんですが、これも多用するのは最近なんだかな、と思ってきた。
本当はなしの方が良いんですけど、つけた方が面白い事もあるので私も☆なんかはごくたまに最近でも使ってます。♪は忘れたけど使ってたような気も…。
で、今好きじゃないのは「v」とか「////」とかを台詞の後につけるやつ。vはハートの簡略でお馴染みになってますけど、これを語尾にいっぱい付けてたりするのはちょっと…うーん、と思う。
照れの描写である////も、ぶっちゃけ説明文で書いた方が萌える気がするんだよね、そんなスラッシュで表現しなくても。
こんな感じに語尾に付けてるマークなんかを外して説明文にちょっとそんな描写を入れたりしたら、それだけで子供っぽい文章が大人っぽくなる感じがするんだ、なんとなく。
昔は多用してた身なので今の文章と比べると凄い良く分かる。あああ読み返したくねえええ\(^o^)/

■!と?
これも語尾のマークと一緒。こっちは別に普段から使っても気にならないけど、連打されると文字数稼ぎに見える。
多くて2つじゃないかなあ。個人的に許せるのは3つ位まで。ベストはもちろん1つ。
いっぱい付いてるとそれだけ驚いてるんだな、って言うのは分かるけど、それなら別に!!って感じで2つで良いじゃない。なんで5個も6個も連打するのか最近分からなくなってきた…。
クエスチョンは特に。説明文に「疑問符を浮かべた」って感じで1つ語尾に付けるだけで良いのに5個も付けられると…なあ…。沢山付けたいんだったら説明文にいっぱい浮かべたって書けばいいじゃない!(´∀`)

■文字数
行数もあるけど、極端に少ない文章を一本と考えるのはちょっと許せない…。一本と考えるのは短くて50行位から?
それも改行とかマークなんかで文字数稼ぎせずにと言う感じで。多い方は別に制限無く何百でも何千行でも私は許せるな、それだけ文字量多いと読み応えあるし萌えるし。
その代わり多すぎるとページの読み込みとか大変そうだしスクロールバー弄ったりする時もあるのでその時にバーが短いと動かしにくいのはちょっと読み手として辛い。最近は十字キー使ってるけどね!マウスのスクロールがぶっこわれて機能してないので!

とりあえず自分の目安は100行前後かなあと考えてます。文字数は状況によって変わるけど、100行書いたら普通に1000文字は軽く超えるとおもう。
ページとジャンルで行数は変わるけど、今書いてる奴で一番短いのはハリポタ夢の70か80行位、長いのはTSとかGX夢の100か120行辺りだった気がする。最近ヘタしか書いてないから忘れたー。ちなみにヘタはどれも100行前後です。

■文字サイズとか装飾
読み手からするとちっさい文字こんなのとか、でかい文字こんなのーとか、装飾系抹消イタリーックぶっとい文字とか、見る分にしてはバリエーションがあって楽しいんですけど、読む分に対してはすっごい読み難い気がするのが、一つの意見…。
まず文字サイズについてですけど、これは全体がちっさい文字とかだったら正直読めないですよね。解像度でかいモニターとか使ってたら特に。
↑の小さい文字なんかで小説が書かれてたら読みにくいったらありゃしない。それにプラススタイルシートで文字サイズを固定されてたらどうしろと。漢字とか潰れて読めんわ。
小さくても今書いてる文字のサイズ、10か12?位のサイズで書かれてないと読めませんよねー。でかい方だったら私的にこれくらいかもうちょいちっさめが好き。こっちはでかいし読みやすいのでスタイルシートで固定されてても私は気にならないです。

まあ、ぶっちゃけ過去に小さい文字でスタイルシート固定した小説を書いた事がありまして、それを自分で読み返して「これはないわ…」と今は思っている次第です。今思うとほんと来てくださってる方に対しての配慮無さ過ぎるよね、当時のじぶーん。

今もスタイルシートで固定している小説ページとかありますけど、自作でページ作ったりしてるとついしちゃうんですよね…。なので次作る時は調節するかテンプレ借りるんだ…!
まあ、今は小さい文字じゃなくてちょっと大きめのサイズで固定してるはずなんですが…orz

で、次に文字の装飾。
色変えと同様、文字に装飾すると見る分に対しては楽しいです。私も楽しいです。へへへ。
でも読みやすいと聞かれればぶっちゃけNOです。イタリックとかすげえ読みにくい。
私的にまあ使ってもいいかなあ、って思ってるのは太文字と色変え、下線位かなあ。
抹消線も許せるのは許せるんですけど、正直使う場面が見当たらない…。一応映像を描写している?感じなので抹消線を描写内に入れられても…うーん。漫画みたいに台詞の中に使うのかな…?でも台詞の中だと別に抹消線使わなくてもいいですよね…、普段使わないから分からんわ。使ってる人もほとんど見たこと無いし\(^o^)/
ついでに下線を使う重要な部分だったら私は『こっちの括弧』を使う派です…ごめん…。
まあこれもあくまで一意見なので本気にしちゃだめだよ!

色変えもあんまり多用されたり、背景と同化する色で書かれてたりすると読みにくい。
そう言う演出は凄い好きなので許せないとは言わないけど、読みにくいのは読みにくい…。
あと反転文字とかも使ったりするけど、あれって凄い気付き難いから、余程の事が無い限り、小説のど真ん中とかに入れるのはやめといた方が良いかもしれない…探すの大変´A`;
そう言う反転文字って演出でわざと見せないようにしている方も居るけど、ほんとさり気ない一番最後の所とか、一番最初だったりとか、そんな所にキャラの秘めた想いとか綴られてたりするとすっごい萌える。そんな文章の演出の仕方の人が凄い好き。さり気ない所が…ね!
まあそんな感じで演出では多用しても良いけど、出来れば分かりやすい所に書いててほしいなって…思うな…。いや探してほしいのは凄く分かるんだけどね!

そして一番読み手側になってきっついのがルビ振りのタグだ。ぶっちゃけこの文字サイズでルビ振られても潰れて全く読めやしない。
そりゃあ、特別な用語とか中二設定でうはうはする時に読めない漢字の上にルビ振ったり、この単語はこう読むんだぜ!って横文字をルビに振るのはとても親切で有り難いことです。
しかし読む側からして、それを読むには文字を拡大させるか、メモ帳にコピペして確かめるとかしないと、こんな文字サイズで振られても拡大せずに読む事は至難の業だと思う。デフォルトの文字がでっかい文字だとしても、ルビの文字って確か凄い小さい文字なので、拡大しないと上手く読めないと思う。
だったらそんなタグ使わずに括弧(かっこ)で←のようにしたりとか、オンマウスで読み仮名出るようにしたらいいと思うんだ!
後者は実際使った事あるけど、ぶったちゃけIEでしか確認した事無いから他のブラウザで使えるのかは知りません。ごめんね、私IE派\(^o^)/
見栄え悪くなるかもしれないけど前者が一番良いルビの振り方かなーっておもったり。

■一文字空白
 普通の本とかによくある、段落で一文字ずらすって言うアレです。この行みたいに。
これしてもらえるとすっごい私的に読みやすい。説明文多い文章だと特に読みやすいです。何処が次の行か分かるので。
 でも、こんな風に一行が短い文章だったりすると。
 こんな風に空白使ってても同じ所から始まっちゃうので、
 正直意味無いっていうね\(^o^)/
だからこう言うのは一行の文字が多い人が使うと凄い読みやすいと思う。その方が小説読んでる気がするんだ…へへへ。
でもまあ、こんな一文字目空白とかする人はもう凄い良い文章書いてる人に違いないので私がとやかく言う必要ないと思うのです。でもなんとなく言ってみた。
ちなみに私の小説も説明文多いので一文字目空白とかしようと最近思い始めました。でも一行が短い文章とかもあるので悩むよねー。
で結局やってないっていう。なのでここ数日書いてる文章見直してたらすっごい読み辛かった。一文字空白入れるだけでこんなに違うんだね…(´・ω・`)
けど多分今度大改装とかそういうのしない限り、私の所では実装しないと思う\(^o^)/

■その他
あと、アフターワードと言う名の後書きが本編の文字数より多い奴とかは許せない。自分でやった事あるけど。
なにこの文字数密度おかしい\(^o^)/みたいなツッコミを後で自らすると思うので、SSとかでも後書きはなしか一行で収めるのが良いとおもう…。
まあ私とか後書きで色々語りたい奴なので、本編の後書きは一行二行で済ませて補足ページを別に設けましたけどね!!だって語りたいんだもん!萌えるし´p`*
補足ページだと読みたい人が読めばいいだけなので、その分色んな事を書けますし、本編のページがすっきりして後味良い終わり方になると思いますし。私的に。

そんな感じです。大体そんなかーんじーギャグまんがry

何度も言うようですがこれはあくまで私の書き方と読み方を組み合わせたくだらない自論です。
昔は上記に書いてある許せない事を普通にやってたので、読み返して死にたくなる子供っぽい文章を書いてたんだなあと今では思ってます。
許せないと言っても、好きな文章を書く方はこんな上の文章の書き方をする人も居るし、憧れの普通の小説本として売っても良いんじゃないかと言う位素敵な文章を書く方もいらっしゃいます。書き方は人それぞれ!
小説家の方の本とラノベの差みたいに書き方は違うので、比べるような事はしてない…つもり…多分…。携帯小説とPC小説とを比べる節はちょっとありますけどorz

ま、まあとりあえず子供っぽい感じがしてしまう書き方よりは知的な感じがする書き方の方がなんか恰好良いよね!って言いたかった…気がする…。あーもうぐちゃぐちゃだあ\(^o^)/
私的に憧れるのは小説家さんのような書き方なんですが、そんな書き方をする文章を書いているサイトさんが憧れる。ほんとすっごい萌える文章書く方々がたくさん居て皆憧れの対象です。ほんとあんな文章書いてみたい…。
その分ヘタとか凄い悶える文章書くサイトさんが多くてやばいよ!はまってよかったと思うわ!へへへ。

ちなみに昔書いてた文章は夢小説ちっくなものなので、その時に読んでいたのも夢だった気がする…。
それに影響されたのかもしれません…でも夢小説でも綺麗な文章書く人多いので憧れる…はあはあ!
あの頃は夢ばっかりだったから、余計に目が付いたのかなー?よく分からん。まあ夢小説に限らずそんな書き方をする方もいらっしゃいますが…。
自分的にはちょっと頂けないかなーと思った次第。まあ読んで面白かったら隅々まで読むけどな!萌えるし!
なので差別?みたいな事は万一にも思われませんように。と言うか夢小説嫌いだったら今も書いてないわ。すっごい好きだよばかぁ!日々萌えてるわ!


そんな感じでここまで長々書いてしまって申し訳ない。読んでる人居無さそうだけどここまでスクロールお疲れ様です…。
さてもっさりとろにちのえろすとか書くか!もう日が昇ってるから書けそうにないけど\(^o^)/
わお!今見たら2時間近くかけて書いてるっぽい!きめえ!\(^o^)/

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL